SONICWIRE

SONICWIRE 2019年セールスランキング!~ソフト音源編~

2019年12月30日 17:35 by iro

早いもので、2019年も残すところあと僅かとなりました。今年のSONICWIREセールスランキング、最後はソフト音源編をお送りします。

新タイトルに加えて、メジャーアップデートされた新バージョンの製品も目立った2019年。まずは、セールスランキング第10位から第4位までをご紹介します。

※アップグレード/クロスグレードも合算して計上しています。

 

10位~4位

 
10位10"
『AMPLE GUITAR M III』

簡単操作でアコースティックギターを奏でるギター音源

 
9位10"
『CELTIC ERA』

伝統的なケルト楽器をコレクションしたシネマティック音源

 
8位10"
『AMPLE GUITAR T III』

簡単操作でTaylor 714 CEを奏でる、ピック弾きアコギ専用音源

 
7位10"
『THE ORCHESTRA』

革命的なオーケストラ・スケッチ・ツール!

 
6位10"
『ELECTRI6ITY』

比類なき音質&機能を備えたエレクトリックギター音源の金字塔!

 
5位10"
『REAL STRAT 5』

更なる進化を遂げた!ストラトキャスター専用音源!

 
4位10"
『EZ DRUMMER 2』

演奏、音作り、作曲。全てが簡単な即戦力ドラム音源!

 
最早、ランキングの重鎮とも言える『ELECTRI6ITY』をはじめ、この時点でギター音源が4点ランクイン。Real Guitar シリーズ/Ample Guitar シリーズ共に新バージョンがリリースされ、より使い勝手も向上。膨大なパラメータを追い込むことでリアルな演奏を求める『ELECTRI6ITY』、コントロールの自由度が高いRealGuitar シリーズ、胴鳴りも感じる音の説得力と簡単操作が魅力のAmple Guitar シリーズと、重視するポイントによって選べる選択肢が揃っています。

それでは、TOP3 をご紹介します!

 

第3位

 
10『HEAVIER 7 STRINGS』
ヘヴィメタルの魂を宿した7弦ギター音源!

ヘヴィメタルに特化した7弦ギター音源。トーン・ノブやピックアップ・スイッチ、弦のテンション感、アタックの強弱など、実際のギター演奏と同様の様々な調整が可能。単独のプラグイン・エフェクトとしても使用できるエフェクト・ラックを搭載しています。

 

第2位

 
10『AVENGER』
万物を創造する万能型“シンセ”音源!

サンプリングCD時代から確固たる地位を築いてきたVENGEANCE SOUND によるシンセ音源。FM/AM/ウェーブテーブルなどの合成方式に対応。900種類にも及ぶプリセットを収録し、シーケンサを備えたドラムキットも付属。パワフルで簡単なモジュレーション・マトリクスや、FXルーティング・システムによって、音作りの柔軟性もバッチリ。

 

第1位

 
10『SERUM』
圧倒的音質と操作性を誇るウェーブテーブル・シンセ音源!

非常に高音質で革新的なウェーブテーブル・シンセサイザー。唯一無二といえるほど美しくクリアな2機のオシレータ、6タイプ×オクターブ調整可能なサブオシレータ、187種類のプリセットを収録したノイズオシレータを搭載。EDMから効果音制作まで、抜けが良く太いサウンドでカバー。サードパーティによってあらゆるジャンル向けのプリセットがリリースされていることも魅力。

 
2019年は、リリース以降その座を譲らない『SERUM』が1位を飾りました!2位の『AVENGER』と共に、3位以下とは大きな差をつけ、確固たる地位を築いています。3位には5個目のギター音源『HEAVIER 7 STRINGS』がランクイン。実際のギターと同様に、複数のギター音源を楽曲によって持ち変える(使い分ける)ユーザー様が増えている印象です。

 
ちなみに、今回は10位以下がかなりの接戦となっていました。面白いタイトルが混ざっていたりもしますので、オマケで30位から11位まで一気にご紹介します。
 

第30位~第11位

 
長くなってしまいましたが、以上2019年セールスランキング~ソフト音源編~をお送りしました!2020年はトップセラー製品の牙城に迫るタイトルは登場するのでしょうか。私たちも大変楽しみにしています。
来年も、本年と変わらぬご愛顧の程どうぞよろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。


folder NEWS