「BEATS WORKING」のレビュー

  • 媒体名:Sound On Sound誌(UK)
  • 更新日:02.07.01
Sound On Sound誌(UK)レビュー内容(日本語)


・タイトかつ規則正しいプレイ

・曲作りのためのサウンド・バラエティが豊富

・すばらしい音響と技術のもと最高の環境で録音

・5.1サラウンド対応という独自性は◎



×

・スタイルに幅があまりないかも

・ポップ系はもう少し早いテンポの方が・・・
  
・単発系のメニューがやや乏しい



「有名なスタジオを選び、世界トップクラスののセッション・ドラマーとエンジニアを連れてきて、サウンドを5.1サラウンド対応にしたら、どうなるか?・・・この新しいサンプル・ライブラリー『Beats Working』を手にすれば、その答えが見つかるだろう!



このサンプル・ライブラリーは全く新しい形のドラム・ループ・コレクションを目標として作られている。まず第一に、ライブラリーをオーディオ版(ステレオ)と5.1サラウンド対応のマルチトラックPro Tools版の2種類で用意。第二に、ビートルズなど著名アーティストが愛用した、かの有名なアビーロード・スタジオ2で収録。そして、制作者達の豊富なスタジオ経験にも目をみはるものがある。エンジニアのHaydn Bendallは、同アビーロード・スタジオで17年間働くという経歴の持ち主。ケイト・ブッシュ、ジョージ・マーティン、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニーらと上手く渡り合い(なだめすかし?)ながら、サウンドを操ってきた熟練者だ。ドラマーのRalph Salminは、カウント・ベイシー・オーケストラの一員としてビッグ・バンド・スウィングを長くプレイしていた他、ビョークやロビー・ウィリアムズ、更にはヴァン・モリソン、トム・ジョーンズ、マドンナらのポップ&ロック系バックバンドも担当するなど、幅広いジャンルで活躍している。また、映画音楽という分野においても、二人は、ジョン・ウィリアムズやハンズ・ジマーといった映画音楽トップ・プロデューサー達と共に数多くのサウンド・トラック制作に関わってきている。まさに、ビッグスクリーンでの使用を念頭に置いた『Beats Working』の制作にピッタリの人材と言えよう。



24ビットPro Tools版(9枚組、ケースは頑丈な丸いメタリック・ボックス)は5.1サラウンド・サウンド対応の10チャンネル・マルチトラック・フォーマット。このサウンドを、6つのスピーカーが完全なサラウンド空間を作り出すようにセットされているDATプロダクションのHaydn Bendallスタジオ(ロンドン)で試聴してみたのだが、Ralph Salminsのスネアが右耳のすぐ後ろから聴こえてくるポジションに腰掛けながら、私はまるでアビーロード2にいるような気持ちになった!



SalminsとBendallの2人は、常に変化するダンス・トレンドを追いかけるというよりはむしろ、現代ポップスやビッグ・バンド・ジャズに重点を置いた、いつの時代も変わらないオーソドックス・サウンドの提供をコンセプトにしている。ビートは利用しやすいバッキングであり、ドラムの奏法もしっかりと安定している。狂ったように右足でリズムを刻むドラムCDばかりを聞いている昨今、これを聞くと非常にホッとできる。



<グルーヴについて>

テンポ・レンジが60~120bpmのポップス系グルーヴに、テンポ156bpmのジャングルっぽいグルーヴが所々混じっている。各グルーヴは比較的シンプルな2小節パターンとなっており、平均16種類(時に30種類以上)のバリエーションが用意されている。イントロ/エンド/曲中用の フィル、メイン・フレーズ、コーラス、ブリッジ(つなぎ)、クラッシュ・シンバルあり/なし、クロス・スティック(ロック・サウンドにおいてドラマーがバラード時に使用する)スネアなど、曲作りにおいて欠かせないバラエティも豊富。しっかりと安定した演奏、完璧なループ処理。すべてがシームレスに繋がるようになっている。いい出来だ。



Slaminsがビッグ・バンドで活躍していただけあって、ブラシを使ったジャズバラードやライドシンバルによるスウィングが光っている。特に[Crooner]というセクションは、懐かしいオールド・ファッション・スタイルでイカしてる。ブラシのスタイルは、テンポ70bpmのゆったりとしたバラード調のもの~キックとスネアのみで作られた93bpmのファンク・グルーヴ~200bpmのストレート・ジャズと、バラエティに富んでいる。[Spy Theme]というキツめのライドシンバル・パターンを聴いたときには、思わずナイスと声がもれたが、そのバリエーションが3つしかないのは残念だった。[multirod]セクションは、かなりクール。ブラシとスティックの中間でプレイされたような、即興タム・パターンのセレクション。ボーナスとして、プログレ・ロックや、アフリカン・チックな9/8、12/8パターンなども収められている。マルチ・ベロシティの単発ドラムは、ブラシとマルチロッドなども用意されているが、数が24サンプルと少々少ない。



<ステレオ版>

ホーム・スタジオに5.1サラウンドを活用できる環境がなくてもご心配なく。オーディオ版でのステレオ・ミックスもサウンドは最高だ。トータル収録時間は約64分、Pro Toolバージョンと内容もほとんど同じで、マルチロッド・パフォーマンスが幾つか追加されている。
Ralph Salminsのプレイは的確なフィーリングで正確なリズムを刻み、アビーロードの最高のスタジオがサウンドにナイスな奥行きをプラスする。特にスネアレスのマルチロッド・セクションは絶品。



<総評>

制作者達の豊かな音楽経験によって生まれたオーソドックスなライブラリー。ビッグ・バンド・ジャズも取り入れたのは、ちょっとオールド・ファッションではなかったか?という感じもするが、ドラマーの経歴を見ると納得がいく。ポップ・フレーズは現代的だし、5.1サラウンド・サウンドというアイデアは未来を見事に見据えている。」
Sound On Sound誌(UK)レビュー内容(英語)
Pros

-Playing is tight and disciplined.

-No shortage of variations for song construction.

-Recorded in a prime location with great acoustics, and superbly engineered.

-5.1 sound design is a unique asset.



Cons

-A somewhat limited range of styles.

-The pop loops would benefit from faster tempos.

-Sticked single hits menu is a little slender.



Summary

A solid, traditional library that benefits from the extensive musical experience of its creators. The inclusion of big-band jazz may seem old-fashioned, but makes sense given the drummer's background. The pop work feels contemporary, and the surround concept is a bold step into the future.



"Take a famous studio, a top session drummer and engineer, make the results 5.1 surround-ready, and what do you get? We find out if using this innovative sample library beats working...



This sample library clearly aspires to be more than just another collection of drum loops. For one thing, it's available in both stereo and 5.1 surround-ready Pro Tools multitrack versions, and for another, it was recorded in Abbey Road's Studio 2, home to the Beatles, amongst many others. The creators also have extensive studio experience; engineer Haydn Bendall worked at the studio for 17 years, twiddling knobs and massaging egos for the likes of Kate Bush, George Martin, Elton John and Paul McCartney. Drummer Ralph Salmins has played big-band swing with the Count Basie Orchestra, Bjork and Robbie Williams, and rock/pop with Van Morrison, Tom Jones, Tori Amos, and Madonna. Both have also worked on many soundtrack sessions with top names like John Williams and Hans Zimmer, which is fitting, as Beats Working was obviously conceived with the big screen in mind.



The nine-CD, 24 bit Pro Tools version (which is cased in the tough, pleasantly curvaceous metal box shown right) presents the samples in a 10-channel multitrack format ready for 5.1 surround-sound mixing (see the box opposite for more details on the track format). I auditioned the loops in surround at the Mix Room at DAT Productions, Haydn Bendall's North-West London studio, where the six-speaker set-up created an immediate sense of location, depth and perspective. Surrounded by the kit's room ambience, and with Ralph Salmins' snare apparently positioned slightly behind my right ear, I was, in effect, transported to Abbey Road Studio 2 without leaving my chair!



Although it's possible for other packages with SDII file-import capabilities to make use of the files (albeit at the expense of a little work importing and realigning the separate tracks), full support for Logic and Cubase SX/Nuendo users will apparently come later in the year, when Zero-G plan to release dedicated versions for these programs.



Rather than pursuing the ephemeral dance trends, Salmins and Bendall have set out to provide something solid and fairly traditional, concentrating on contemporary pop and big-band-oriented jazz. The beats stay focused on providing usable backings, and the playing is disciplined and unfussy. After hearing countless sample CDs of drummers with hyperactive right feet, this comes as a huge relief.



Into The Groove

The pop grooves range from 60-120bpm, with a bit of rather polite 156bpm quasi-jungle thrown in. Each groove provides a relatively simple two-bar pattern with an average of 16 (but sometimes in excess of 30) one- or two-bar variations: you get a count-in, intro/end/mid-song fills, verse, chorus and bridge grooves with or without crash cymbal, snare cross-stick (that 'rock' sound drummers use on ballads) versions, and so on. These variations are exactly what's required for song construction; the playing is controlled, firm, and unwavering, the loops are perfectly edited, and everything fits together seamlessly. Nice work.



Salmins' tribute to the big-band era covers jazz brushes, ride cymbal swing time, and a section called 'Crooner' based on a feel so unbelievably corny and passe, it's probably hip. The brush styles are varied, ranging in tempo from a 'swooshy' 70bpm ballad feel, up to 200bpm straight jazz via a 93 bpm funk groove played on kick and snare only. I started to click my fingers and mutter 'nice' when I heard the urgent, driving ride cymbal pattern called 'Spy Theme', but was a little disappointed when it fell back into half time after only three short groove variations.



The third main category, 'multirods', is pretty cool - a selection of portentous, improvisatory tom patterns played with an implement halfway between a brush and a stick. As a bonus, there are some grooves in odd time signatures, waiting for prog rock to make a comeback, and African-influenced 9/8 and 12/8 patterns. The multi-velocity single hits include some choice brushes and multirods, but with only 24 samples, the menu of stocked hits seems a bit slender."





"Now Also In Stereo..."

If your home studio lacks 5.1 surround capability, don't despair - the stereo mixes of these drum loops on the audio CD version sound just fine. The stereo audio CD clocks in at nearly 64 minutes; the Pro Tools version provides identical material, plus some additional multirods performances.

Ralph Salmins plays with good, accurate feel and tempo and the big, roomy Abbey Road sound adds a lovely feeling of space, which is especially noticeable in the snareless multirods section. There are moments of rock 'n' roll mayhem, but that shouldn't prevent these loops finding their way onto song backing tracks. Oh, and I just got the pun in the title...
ABBEY ROADスタジオ録音の価値あるドラム音源!!!
税込価格 ¥7,524
  • ジャンル:
  • フォーマット:WAV, ACID
  • リリース時期:2010年1月
  • メーカー:ZERO-G

Demosong Playlist
All Clear