特集一覧サンプルパックを体験してみよう!!

STEP03サンプルパックのインストール

1.ダウンロードしたファイルの展開

解凍したフォルダには以下の3つのフォルダが格納されています。

  • DATA : 暗号化されたデータ。インストール時にインストーラが使用します。dataフォルダ内のデータを直接使用することは出来ません。
  • Win : Windows用のインストーラ「Setup.exe」が入っています。
  • Mac : Mac用のインストーラ「Setup」が入っています。

※常に、最新版のインストーラに差し替えてのインストールをお勧めします。最新版インストーラのダウンロードはこちら

※ZIPファイルのダウンロードが済んでいない方はこちら

Windows/Mac、どちらのコンピュータを使っていても、下の手順でインストールできます。

2.インストーラを起動する (Ver1.3)

Windowsの場合はWinフォルダ内の"setup(もしくはsetup.exe)"、Macの場合はMacフォルダ内の"setup(もしくはsetup.app)"をダブルクリックし、インストーラを起動します。

言語選択画面が表示されたら"日本語"を選択します。続いて"?ようこそ!"が表示されるので、"次へ"をクリックします。

3.シリアルを入力する

シリアル入力画面が表示されるので、購入時にSONICWIRE.COMから送られてきたメールに記載のシリアルナンバーを入力し、"次へ"をクリックします。続いて"使用許諾契約"が表示されるので、同意する場合には"使用許諾契約に同意します"にチェックを入れ"次へ"をクリックします。同意しない場合、"キャンセル"からインストールを中止します。

4.ユーザー登録確認

ユーザー登録有無の確認画面が表示されます。SONICWIREに登録したことのないユーザーは"ない"を選択し、SONICWIREに登録したことのあるユーザーは"ある"を選択します。

"ある"を選択した場合、SONICWIREへご登録のEメール/パスワードを入力して"次へ"をクリック、続いて表れます確認画面では内容を確認し、問題ないようであれば"登録"をクリックします。

ない"を選択した場合には、新規ユーザー登録を行う画面が現れるので、こちらからご登録ください。

5.フォーマット選択

フォーマット選択画面が表示されるので、インストールするフォーマットと、Mutantをインストールする場合にはMutantにもチェックを入れ、"次へ"をクリックします。(※Mutantについてはこちら)

続いて、①サウンド素材、②Mutantのインストール先を選択する画面が現れますので、それぞれ任意の階層を指定し、"インストール"をクリックします。

Mutantが既にインストールされている場合に、同じ階層にMutantをインストールしようとすると、上書きしても良いかの確認ダイヤログが表示されます。上書きインストールを行うと、今まで読み込んでおいたサウンド素材の"読み込みデータ"が失われます(サウンド素材そのものは失われない)。

上書きインストールしても問題ない場合は、"はい"を選択しましょう。

上書きしたくない場合には、"いいえ"を選択の上、"戻る"をクリックしてフォーマットの選択画面へ戻り、"全て"及び"Mutant"のチェックをはずしてから、インストールを実行ください。

6.インストールの完了

インストールが完了したら"終了"ボタンをクリックして、インストールを終了します。

サウンドファイルは、指定した階層に保存されています。

「保存先の階層を指定した記憶がない…」という方は、デフォルトの階層に保存されている可能性があります。下の階層を確認してみてください。どうしても見つけられない場合は、インストール先の階層を確認しながら、もう一度インストールを行います。

  • Windowsの場合 : C(OSがインストールされているシステムドライブ):\soundroot\(製品フォルダ)
  • MacOSXの場合 : 起動ディスク/soundroot/ (製品フォルダ)

それでは、インストールされたサウンドを聴いてみましょう。

DEMOSONG PLAYLIST All Clear