特集一覧サンプルパックを体験してみよう!!

STEP04MUTANTでサンプルパックを一元管理する

MUTANTでは、サウンドファイルを一元管理できる「サウンドブラウザ」です。高速な連続試聴、ループ再生、波形表示、ブックマークなど、サウンド管理に役立つ数々の機能を搭載。WAVやAIF、MP3といったフォーマットの再生に対応しています。もちろん、サンプルパックに収録されているサウンド素材の管理にも最適。STEP4では、MUTANTの基本的な使い方を掲載しています。

MUTANTのダウンロードはこちら >>
MUTANTのマニュアルはこちら(PDFファイル) >>

1.MUTANTにサウンドファイルを読み込む

MUTANTで管理したいサウンドファイルが入った「フォルダ」をMUTANTへドラッグ&ドロップしてみましょう。

※MUTANTは、読み込んだフォルダを「ルートフォルダ」とし、ルートフォルダの中に含まれる各フォルダを「子フォルダ」として扱います。たとえば、「ルートフォルダ」は、"サウンドフォルダの解除"を行えますが、"削除"はできません。「子フォルダ」は、"サウンドフォルダを解除"することはできませんが、"削除"することはできます。

ドラッグ&ドロップ以外にも、「ファイル」メニュー > 「サウンドフォルダの追加」から「フォルダ」を追加することができます。

2.MUTANTに読み込んだサウンドを試聴する

フォルダの読み込みが終わり、MUTANT画面左側に読み込んだフォルダが表示されます。

サウンドファイルが入ったフォルダが、読み込んだフォルダの中にある場合は、フォルダをダブルクリックして目的のフォルダを開いていきます。

サウンドファイルが入ったフォルダが選択されると、MUTANT画面右側のサウンドリストに、選択中のフォルダに入っているサウンドファイルの一覧が表示されるので、サウンドリスト内のサウンドファイルを選択して、「Enter」、「ダブルクリック」、もしくはMUTANT画面左下の「再生ボタン」からファイルを再生してみましょう。

MUTANT画面左下の「ループ」ボタンで、サウンドファイルをループ再生させることもできます。

3.制作ソフト/作曲ソフト(DAWソフト)への読み込み

お気に入りのサウンドが見つかったら、MUTANTのサウンドリストから、サウンドファイルを制作ソフトのオーディオトラックに、サウンドファイルをドラッグ&ドロップして読み込んでみましょう。

制作ソフトにサウンドが張り付いたら、完了です。

EXTRA1サウンドをブックマークする

サウンドリストの下部にある「ブックマークバー」のフォルダに、サウンドリストのサウンドファイルをドラッグ&ドロップします。これで、お気に入りのサウンドをブックマークしておくことができます。

EXTRA2SONICWIREで買い物をする

MUTANT上からSONICWIREを閲覧することができます。MUTANT以外に別途ブラウザを起動することなく、サンプルパックを追加購入できます。

EXTRA3ショートカットを確認する

MUTANTでは、キーボードだけでも数多くの動作が可能です。

矢印キーと、Enter、Escだけで、サウンドリストとフォルダツリーを自由に操ることができます。

EXTRA4データベースの切り替え

フォルダツリーの構成が複雑になってきたら、MUTANT上に読み込んでいるフォルダ情報などの「データベース」を丸ごと切り替えることができます。データベースはいくらでも増やすことができます。

作業の種類ごとに切り替えるなど、効率的な運用を可能にします。

続いて、サンプルパックの種類や購入時の注意点についてご案内します。

DEMOSONG PLAYLIST All Clear