Virtual Instrument

CHIPSPEECH

チップスピーチ

往年の音声合成をエミュレートした、スピーチシンセサイザー!

カテゴリー:ボーカル/コーラス
リリース時期:2016年6月
短縮コード:PLGCS
商品コード:A0398
デベロッパー:PLOGUE
税込価格 ¥11,199 (現地定価:USD 95.00)
概要

「CHIPSPEECH」は、往年の音声合成をエミュレートしたスピーチ・シンセサイザーです。

1961年に「IBM 704」コンピューターが「デイジー・ベル」を歌って以来、音声合成は飛躍的な進歩を遂げましたが、当時の音声合成チップは独特の癖や発音、そしてロボット感が強かったため、人々からあまり受け入れられませんでした。しかしながらこの独特なサウンドと制約ある性能は、「シンセサイザーを聴き慣れた耳」を持った人にはとても「音楽的に」響いたのです。

CHIPSPEECH には、約80種類もの音声合成チップのエミュレートによって造られた「8人のシンガー」が搭載されています。各シンガーは音楽的に使えるよう特別に調整されており、ユーザーが入力した歌詞(英語/日本語)を、MIDIキーボードで歌わせることができます。加えて、声質(性別感、年齢感など)やピッチ感、人数感、ヴィブラートやエクスプレッションも自由自在にコントロール可能。

CHIPSPEECH は、「音声合成」「シンセサイザー」「音楽性」全ての魅力を1つにした、唯一無二のスピーチ・シンセサイザーです。

スクリーンショット

デモ
搭載シンガー

Bert Gotrax

  • 開発者:
    Richard T. Gagnon
  • 著名な使用例:
    Q-Bert, Gorf
  • デバイス
    Votrax SC-01
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Votrax
  • 音声合成のタイプ
    フォルマント(アナログ)
  • トーンの傾向
    アナログハードウェア実機に起因した、複雑な周波数による、すすり泣くような声やノイズが多い。(特にベースやトレブル、ローミッドが強化された)EQから恩恵を受けられると思われる。

Dandy 704

  • 開発者
    John Kelly and Carol Lochbaum
  • 著名な使用例
    Daisy Bell(史上初のコンピュータの音声合成を用いた歌)
  • デバイス
    IBM 704 computer に基づくシステム
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Daisy_Bell#In_technology_and_culture
  • 音声合成のタイプ
    物理モデル(導波管)
  • トーンの傾向
    暗いミュートがかかっている。曲折した信号経路のため、母音のなかに変わった抑揚を持つ。

Dee Klatt

  • 開発者
    Dennis Klatt
  • 著名な使用例
    Stephen Hawkingの声
  • デバイス
    Dectalk
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/DECtalk
  • 音声合成のタイプ
    フォルマント
  • トーンの傾向
    極めて汎用性が高い。ハスキーな男性のバリトンから甲高い女性のディーヴァまで、このボイスは幅広く使うことができるだろう。

Lady Parsec

  • 開発者
    Richard Wiggins & the Speak & Spell team
  • 著名な使用例
    Parsec(TI-99/4A用ゲーム)
  • デバイス
    TI-99/4A プラグイン型スピーチシンセサイザーモジュール
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Parsec_(video_game)
  • 音声合成のタイプ
    LPC10(格子ネットワーク)
  • トーンの傾向
    ミュートがかかった女性のさえずり。

Otto Mozer

  • 開発者
    Forrest Mozer
  • 著名な使用例
    Berzerk
  • デバイス
    TSI
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/ESS_Technology
  • 音声合成のタイプ
    ボイスセグメントのシーケンス処理
  • トーンの傾向
    極めて明るく、歯切れが良い。アクセントの強いので、どのようなミックスでもよく響く。低音域が豊か。

Spencer AL2

  • 特許所有者
    John E. Stork
  • 著名な使用例
    Intellivoice (Intellivision), Magnavox Odyssey2 voice attachment
  • デバイス
    SP0256-AL2チップ
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/General_Instrument_SP0256
  • 音声合成のタイプ
    LPC12(カスケード接続された2本の極線)
  • トーンの傾向
    ボイスのセグメント数が限られ、補間が不足している。途切れが多い。

Terminal 99

  • 開発者
    Richard Wiggins & the Speak & Spell team
  • 著名な使用例
    TI-99/4A Terminal Emulator II cartridge
  • デバイス
    TI-99/4A プラグイン型スピーチシンセサイザーモジュール
  • Wikipedia(英語)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Texas_Instruments_TI-99/4A
  • 音声合成のタイプ
    LPC10(格子ネットワーク)
  • トーンの傾向
    やや途切れ途切れ。

VOSIM

ご購入前にお試し頂けます。

製品のインストーラーは、本国WEBサイトの「Downloads」ページよりいつでもダウンロード頂けます。

インストール後はデモモードで動作します。デモモードでは各セッション4分までの制約に加え、セーブ不可となります。なお、製品のご購入とレジストレーションをお済ませ頂きますと全ての制限が解除されます。

なお製品ご購入前は、いかなるトラブルに関してもクリプトン・フューチャー・メディア株式会社はその責任を負いかねます。また、製品ご購入前は、使用方法に関するお問合せについても、お答えすることができませんので予めご了承ください。

動作環境
Mac OS X / OS X
MacOS X 10.6
MacOS X 10.7
OS X 10.8 Mountain Lion
OS X 10.9 Mavericks
OS X 10.10 Yosemite
OS X 10.11 El Capitan
macOS Sierra (10.12)
  • CPU:Intel/AMD Dual Core 以上を推奨
  • RAMメモリ:1GB以上を推奨
Windows
Windows 7 32bit
Windows 7 64bit
Windows 8 32bit
Windows 8 64bit
Windows 10 32bit
Windows 10 64bit
  • CPU:Intel/AMD Dual Core 以上を推奨
  • RAMメモリ:1GB以上を推奨
ご使用にあたって
  • ハードディスクには200MB以上の空き領域が必要です。
  • サウンド・モジュールをスムーズに動作させる為に、処理速度の速いCPU及びRAMメモリに十分な余裕があるコンピュータにインストールしてご使用されることをお奨めいたします。
  • 本製品をご使用いただくにはインターネット経由でのチャレンジ&レスポンスによるオーソライズが必要となります。オーソライズにはインターネットへの接続環境、及びE-Mailアドレスが必須となります。本製品をインストールするコンピュータがインターネット接続されていなくても、別なコンピュータで接続できればオーソライズ可能です。 ※弊社にてオーソライズを代行することは出来ません。
  • ここに掲載している製品の仕様は、予告無く変更されることがあります。
スピーチシンセの60年近い歴史をまとめあげた、集大成のようなシンセに仕上がっていると思います。
2016.06.21 CLUBER
DEMOSONG PLAYLIST All Clear