雑誌レビュー/アワード

国内/海外の雑誌レビュー記事やアワード受賞の情報をまとめました。

製品レビュー

国境を越えてあなたの音楽を届ける、最高のボーカリスト!

¥17,917

リリース時期:2013年08月
カテゴリー:Vocal/Choir
デベロッパー:CRYPTON

Sound On Sound誌(UK)レビュー内容(日本語)

「Hatsune Miku」とはヤマハ株式会社のVocaloid 3エンジンを使用して歌うことができる架空の16歳の少女のことである。Vocaloid をよく知らない人のために説明しておこう。Vocaloid とは、ユーザーがピアノロール上でノートを作成でき、作成したノートにバーチャルボーカリストを割り当てビブラートのように自然なアーティキュレーションを加えることのできるシンセサイザーのようなものである。

 「Hatsune Miku」はVocaloid 3が搭載されているが、ユーザーフレンドリーでありDAW 上でplug-in として使用することができ、”Piapro Studio” VSTi を通じてユーザーは「Hatsune Miku」に接続することができる。実際のところ、PreSonus Studio One DAW が製品に同梱されているのでPiapro Studioを使用するのに適している。

 StudioOne 上で、Piapro Studio は、”instrument” として表示されるが、選択されると他の典型的なplug-in エフェクトと同様にPiapro Studio 自身のウィンドウ内で立ち上がる。そこからは、単にPiapro Studio 内で新しいVocaloid 3 Track を作成、リージョンの作成をしてからピアノロール上でノートを入力するといったシンプルものになっている。まさにPiapro Studioは外観と操作感覚が実にピアノロール環境に似ており、熟練したDAWユーザーたちにとって慣れ親しみのあるものとなるであろう。

 インターフェースの左側には、一連の歌唱スタイルボタンがあり、各ボタンをクリックするとそれぞれのオートメーショントラックが開く。ユーザーは、ノートに対して描きたい場所にカーブを描く必要がある。例えば、強弱を付けるトラックではボーカルのレベルは、ノートが進行するにつれて上昇するように、ノートの最初からペンツールを使用して上方に描くことができる。他に選択可能な歌唱スタイルとしては、気息音、速度、鮮明度、口の開き具合、性別、ポルタメントのタイミング、ピッチ、ピッチの変化量の調整などがある。

 歌唱スタイルをうまく使いこなすには、少々練習が必要だが大体を理解することができてそれほど苦労すること無く人間っぽい音を出せることができるのは驚きである。多くの選択可能な編集機能があるにも関わらず、Piapro Studioの画面は極めてシンプルに見えるが、それは編集が直感的な操作に感じられるようにデザインされているからである。スケール上でノートをドラッグして上下左右に動かすことができ、ダブルクリックするとピッチ、強弱(歌詞が入力されていると)発音が調整されるページが表示される。一度トラックが形になってくると、トラックを複写し、所要箇所にノートをドラックすることにより複数和音が作成される。

 結局の所は、どんなに歌唱スタイルが追加されようとも「Hatsune Miku」は常に少々電子的な音がするがそんなことは問題ではないであろう。多くのPopミュージックの製作者は生のボーカルをAuto-Tune のようなツールを使用してわざと電子的な音に加工していることを考えれば「Hatsune Miku」は特定のPopミュージックには最適といえるであろう。
 日本では、「Hatsune Miku」のユーザーたちは アニメーションのキャラクターがステージ上で生のミュージシャンの演奏で歌うといった目を見張るようなショーを作り上げるまでになっている。これらのショーは、YouTube で視聴可能でありVirtual reality 好きでPiapro Studioに興味がある人にとって興味深いものであろう。

 一般的に言えば、「Hatsune Miku」は、融通が利く音声合成ツールでありダンスやエレクトロニック音楽の制作者で少々人間的な要素、または少しロボット的な要素を追加してみたいと考えている人ならば興味をそそるものであると言える。

Sound On Sound誌(UK)レビュー内容(英語)

Hatsune Miku is the name of a fictional 16-year old girl, who can be made to sing using Yamaha's Vocaloid 3 engine. For those of you not familiar with Vocaloid, it is a kind of synthesizer which lets users create notes in a piano-roll environment, assign a virtual vocalist to the notes and then treat them with naturalistic articulations such as vibrato.

Although Hatsune Miku is powered by Vocaloid 3, users interface with it via a VSTi called Piapro Studio, which is a little more user-friendly and runs as a plug-in within DAWs. In fact, a copy of PreSonus' Studio One DAW comes as part of the bundle, so that Piapro has something suitable in which to run!

Within Studio One, Piapro Studio appears as one of the 'instruments', and when selected, it opens in its own window, just like a typical plug-in effect. From there, working with Hatsune Miku is simply a matter of creating a new Vocaloid 3 track within the Piapro Studio window, defining a work region and then entering notes on the piano-roll display. Indeed, Piapro looks and feels very much like the kind of piano-roll environment seasoned DAW users will be familiar with.

The left-hand side of the interface provides a series of expression buttons, each of which opens its own automation track when clicked. All the user then has to do is draw the curve they want at the appropriate place relative to the notes. For example, in the Dynamics track, the level of the vocal can be increased as a note progresses simply by using the pen tool to draw upward from the start of the note. Other expression options include Breathiness, Velocity, Brightness, Clearness, Opening, Gender Factor, Portamento Timing, Pitch-bend and Pitch-bend Sensitivity. Control is also given to the depth and rate of vibrato.

Fine tuning the expressions obviously takes a bit of work, but it is surprising how easy they are to rough out and it doesn't take a huge amount of effort to get something sounding vaguely humanistic.

Despite all the editing options, the Piapro page looks fairly simple and is designed so that editing feels like an intuitive process. Notes can be dragged up and down the scale, forward and back in time, and double-clicking them brings up a page on which their pitch, dynamics and (when lyrics have been input) pronunciation can be adjusted. Then, once a track is taking shape, multiple harmonies can be applied by duplicating the track and dragging all the notes to the required position.

Ultimately, Hatsune Miku is always going to sound a little bit electronic, no matter how much expression is applied, but that's not necessarily an issue. Pop productions often feature real vocal performances that are processed with tools like Auto-Tune to make the voice more electronic sounding, so Hatsune Miku is ideally suited to certain kinds of pop!

In Japan, for example, users of Hatsune Miku have taken things to extremes by creating spectacular stage shows featuring animations of the character singing on stage, accompanied by vocal arrangements and live musicians, and these can be seen on YouTube by anyone interested in witnessing what Piapro can do for virtual-reality lovers.

But, generally speaking, Hatsune Miku is a flexible vocal synthesis tool which should interest composers of dance and electronic music who are looking to add something a bit humanistic, or perhaps a bit robotic, to their tracks.

Tom Flint
DEMOSONG PLAYLIST All Clear